秋田市にお住まいのお客様へ
お客様の声
野菜ソムリエの生活応援コラム
お米を美味しく食べていただくために
米づくりカレンダー
秋田県と区別栽培農産物表記
電話注文OK
FAX注文書ダウンロード
                     
定期配送変更フォーム
 0185-45-2615
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日

2024年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
野菜ソムリエの生活応援コラム

11月29日 〜 さといも 〜

ごぼう

古くから日本で食されてきたさといも。
縄文時代には、主食の役目を果たしていたのだそうです。
原産地はインド東部からインドシナ半島にかけての熱帯地方で、寒さと乾燥が苦手です。
新聞紙に包んで常温で保存しましょう。
今回は、寒くなると食べたくなる芋の子汁のレシピをご紹介します。

芋の子汁

芋の子汁

■材料(4人分)
 さといも・・・・・・・・・・・・・8コ
 水・・・・・・・・・・・・・・・・1000cc
 鶏もも肉・・・・・・・・・・・・・150g
 だし昆布(10cm×10cm)・・・・・1枚
 かつおぶし・・・・・・・・・・・・20g
 角こんにゃく・・・・・・・・・・・100g
 なめこ・・・・・・・・・・・・・・100g
 豆腐・・・・・・・・・・・・・・・50g
 ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・1本
 せり・・・・・・・・・・・・・・・50g
 みそ・・・・・・・・・・・・・・・60g

■作り方
(1) さといもは皮をむいて、大きいものは半分に切る。
  鶏肉は食べやすい大きさに切る。角こんにゃくは1cmの厚さの短冊切り、
  豆腐は2cm角、ねぎは斜め薄切り、せりは3cmの長さに切る。
(2) 昆布の表面を濡らしたキッチンペーパーで拭き、鍋に入れる。
  水を加えて30分ほど置いておく。
(3) 鍋を火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。沸騰したら火を止め、
  かつおぶしを加えて2分ほどおく。
(4) 濾してかつおぶしを取り除き、再び鍋に入れる。
  さといもを入れて火にかけ、柔らかくなるまで煮る。
(5) 鶏肉、角こんにゃくを加え、鶏肉に火が通ったらみそを溶く。
(6) なめこ、豆腐、ねぎを加え、サッと火を通したらせりを加えて火を止める。
  器に盛り付けて完成。

 

▼ブログもこちらからお楽しみいただけます!

▼野菜ソムリエの生活応援コラム バックナンバー
・たまねぎ
・なす
・コリンキー
・オクラ
・わらび
・トマト
・新じゃが
・小松菜
・菜の花
・米
・さといも
・ごぼう
・しいたけ
・かぼちゃ
・ズッキーニ
・きゅうり
・にら
・セロリ
・にんじん
・大根
・ナガイモ
・ダイコン
・サトイモ
・キュウリ
・トマト
・ナス
・にんじん
・キャベツ
・玉ネギ
・ゴボウ
・小松菜
・ブロッコリー
・ねぎ
・レンコン
・さつまいも
・トマト
・にんじん
・パプリカ
・若竹煮
・ふきのとう
・豆苗
・カブ
・ブロッコリー
・春菊
・サトイモ
・じゃがいも
・モロヘイヤ
・とうもろこし
・食用菊
・ニラ
・スナップエンドウ
・アスパラガス
・菜の花
・水菜
・ねぎ
・キノコ
・カボチャ
・さつまいも
・キュウリ
・ピーマン
・じゅんさい
・新じゃが
・新玉ねぎ
・キャベツ
・白菜
・小松菜
・ほうれんそう
・にんじん
・ナス
・枝豆
・トマト
・ソラマメ
・たけのこ
・山うど
・ひねしょうが
・大根
・カボチャ
・スイカ
・トマト
・オクラ
・にら
・セロリ
・ゴボウ茶