秋田市にお住まいのお客様へ
お客様の声
野菜ソムリエの生活応援コラム
お米を美味しく食べていただくために
米づくりカレンダー
秋田県と区別栽培農産物表記
電話注文OK
FAX注文書ダウンロード
                     
定期配送変更フォーム
 0185-45-2615
2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日

2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
野菜ソムリエの生活応援コラム

9月20日 〜じゃがいも〜


じゃがいも

夏が終わり秋の気配を感じるようになると、ほっこりした食べ物が恋しくなってきます。
じゃがいもは1年を通して食べているけれど、この時期に特に食べたくなる食材の1つです。
ほっこり食感は、心もカラダも温かくしてくれる…そんな気がしませんか?
煮る、揚げる、炒める、蒸すなど、色々な調理法でいただける事、年間を通して入手しやすい事もあり、使い勝手のいい野菜の筆頭となっています。

栄養価の高さから、フランスでは「大地のりんご」とも呼ばれ、親しまれています。
じゃがいもに含まれるビタミンCは、熱に強く加熱しても損失しにくい特徴がありますが、これは主成分であるデンプンがビタミンCを保護するためです。
その他、カリウムや食物繊維も豊富に含まれています。

最近は色々な品種を目にしますね。素材の持つ特徴を考え、お料理に合わせて選ぶ事ができるようになりました。シャドークイーンやインカパープルなど、紫色の果肉をしているものもあります。

保存する際は、風通しのよい冷暗所へ。日に当てると、ソラニンという毒素が生成されるので、注意が必要です。リンゴと一緒にポリ袋に入れると、リンゴから発生するエチレンガスが発芽を抑えてくれます。

今回は、じゃがいもをカリカリに焼いて食べる「ガレット」をご紹介します。
「ほっこり」と「カリカリ」のどちらの食感も楽しめる食材ですので、この時期美味しさを満喫してくださいね。


ツナとチーズのガレット

ツナとチーズのガレット

■材料(2人分)
  じゃがいも     2個(300g位)
  ツナ        1缶
  溶けるチーズ    50g
  サラダ油      適量
  ケチャップ     適量

■作り方
(1). じゃがいもをせん切りにする。ツナは油をきっておく。
(2). 直径20センチのフライパンにサラダ油を入れて熱し、じゃがいもの半分量を全体に広げる。その上にツナ、チーズも広げ、残りのじゃがいもをのせる。
(3). フライ返しで押さえながら中火で7〜8分焼き、カリッと焼けたら裏返す。
  裏面も時々押さえながら7〜8分焼く。
(4). 食べやすい大きさにカットする。器に盛りつけてケチャップを添えたら完成!!

 

▼ブログもこちらからお楽しみいただけます!

▼野菜ソムリエの生活応援コラム バックナンバー
・レンコン
・さつまいも
・トマト
・にんじん
・パプリカ
・若竹煮
・ふきのとう
・豆苗
・カブ
・ブロッコリー
・春菊
・サトイモ
・じゃがいも
・モロヘイヤ
・とうもろこし
・食用菊
・ニラ
・スナップエンドウ
・アスパラガス
・菜の花
・水菜
・ねぎ
・キノコ
・カボチャ
・さつまいも
・キュウリ
・ピーマン
・じゅんさい
・新じゃが
・新玉ねぎ
・キャベツ
・白菜
・小松菜
・ほうれんそう
・にんじん
・ナス
・枝豆
・トマト
・ソラマメ
・たけのこ
・山うど
・ひねしょうが
・大根
・カボチャ
・スイカ
・トマト
・オクラ
・にら
・セロリ
・ゴボウ茶