秋田市にお住まいのお客様へ
お客様の声
野菜ソムリエの生活応援コラム
お米を美味しく食べていただくために
米づくりカレンダー
秋田県と区別栽培農産物表記
電話注文OK
FAX注文書ダウンロード
                     
定期配送変更フォーム
 0185-45-2615
2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日

2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
野菜ソムリエの生活応援コラム

冬本番のこの時期。
体を芯から温めてくれるお料理が恋しい季節。
そこでよく使われるのが「しょうが」です。

ピリっと刺激のある辛み成分「ジンゲロール」は、手先や足先など体の末端にある血管を広げ、血行を良くしてくれる働きがあります。
この「ジンゲロール」という成分は、乾燥や加熱で「ショウガオール」という成分に変わります。「ショウガオール」は熱を作り出し、体幹部を温める働きがあります。
これらの成分は、皮の近くに多く含まれています。皮を剥かずに使うと、より高い効果が得られます。
冷え対策に、1日10〜20gを目安に摂取するのがおススメです。

1年中出回っていますが、6〜8月の早採りしたものは「新しょうが」として販売されます。

そして、収穫後、貯蔵室で熟成されて出荷されるものが「ひねしょうが」です。

ひねしょうが

保存する時は、新聞紙に包んで風通しのよい所へ。10℃以下だと低温障害を起こす恐れがあるので、冷蔵庫に入れずに保存します。
使いかけのものは、すりおろして冷凍保存しておくのがおススメです。

冬の冷えはしょうがを味方につけて、寒い毎日を乗り切りましょう。