秋田市にお住まいのお客様へ
お客様の声
野菜ソムリエの生活応援コラム
お米を美味しく食べていただくために
米づくりカレンダー
秋田県と区別栽培農産物表記
電話注文OK
FAX注文書ダウンロード
                     
定期配送変更フォーム
 0185-45-2615
2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日

2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
野菜ソムリエの生活応援コラム

8月20日 〜モロヘイヤ〜


モロヘイヤ

「王様の野菜」と呼ばれているモロヘイヤ。
重病だったエジプトの王様がモロヘイヤのスープを飲んだところ、すっかり病気が治った事から「ムルキーヤ」(アラビア語で「王様の野菜」の意味)と呼ばれるようになったという説があります。
また、クレオパトラが好んで食していたとも言われています。
諸説の由来も、栄養価の高さを知ると「なるほど!」と思う位、素晴らしいパワーを秘めた野菜です。
抗酸化作用が期待できるβーカロテンやビタミンE、炭水化物をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1、疲労回復作用に有効なビタミンB2、コラーゲンの生成に働くビタミンC、骨の形成に必要なビタミンKなど、ビタミン類が豊富に含まれています。

また、ミネラルに関しても、骨や歯の発達に欠かせないカルシウムや、酵素の働きをサポートするマグネシウム、体内の余分なナトリウムを排出する働きをするカリウム、貧血予防に有効な鉄などが豊富です。
そして、モロヘイヤの特徴であるネバネバ成分の「ムチン」には、胃や消火器、目や鼻などの粘膜を保護する働き、コレステロールの吸収を抑制する働き、血糖値の上昇を抑える働きなどがあると言われています。

旬は、7月から9月にかけての暑い時期です。モロヘイヤの栄養価を味方につけて、夏バテに負けずに過ごしたいですね。
お浸しの他、天ぷら、和え物、炒め物など様々な調理法で、おいしくいただけます。
今回は、簡単にできるスープのレシピをご紹介します。


モロヘイヤとトマトの卵スープ

モロヘイヤとトマトの卵スープ

■材料(3人分)
  モロヘイヤ     50g
  ミニトマト     7〜8個
  卵         1個
  水         600cc
  鶏ガラスープの素  大さじ1.5
  粗挽き胡椒     適量

■作り方
(1).モロヘイヤの葉を摘み、茹でて刻む。ミニトマトは半分に切る。
(2).鍋に水を入れて沸騰させ、鶏ガラスープの素を加える。
(3).ミニトマトを入れて2分程煮る。
(4).溶き卵を少しずつ加え、卵がふわっと浮かんで来たら箸でひと混ぜする。
(5).モロヘイヤを加えて火を止め、器に盛り付ける。粗挽き胡椒をふって完成。

 

▼ブログもこちらからお楽しみいただけます!

▼野菜ソムリエの生活応援コラム バックナンバー
・パプリカ
・若竹煮
・ふきのとう
・豆苗
・カブ
・ブロッコリー
・春菊
・サトイモ
・じゃがいも
・モロヘイヤ
・とうもろこし
・食用菊
・ニラ
・スナップエンドウ
・アスパラガス
・菜の花
・水菜
・ねぎ
・キノコ
・カボチャ
・さつまいも
・キュウリ
・ピーマン
・じゅんさい
・新じゃが
・新玉ねぎ
・キャベツ
・白菜
・小松菜
・ほうれんそう
・にんじん
・ナス
・枝豆
・トマト
・ソラマメ
・たけのこ
・山うど
・ひねしょうが
・大根
・カボチャ
・スイカ
・トマト
・オクラ
・にら
・セロリ
・ゴボウ茶