秋田市にお住まいのお客様へ
お客様の声
農家のお母さんブログ
野菜ソムリエの生活応援コラム
お米を美味しく食べていただくために
米づくりカレンダー
秋田県と区別栽培農産物表記
電話注文OK
FAX注文書ダウンロード
                     
定期配送変更フォーム
 0185-45-2615
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
佐藤家のあきたこまち
私達が販売をするお米は、「あきたこまち」です。
しかし、同じあきたこまちでも 作る場所・作る人・販売する人によって味は違うものです。ここで販売しているあきたこまちは、
「佐藤家のあきたこまち=さとうこまち」として皆さんにご愛食していただければと想い、大切に育てています。
さとうこまち(佐藤家のあきたこまち)に込めた私の思い
大潟村の歴史は40数年とまだ若い村です。
そんな村の歴史と一緒に育ってきたのが私たち後継者。
父はこの大潟村の1番目の入植者57名の中の一人でした。
小さな赤い三角屋根の家が何もない砂漠の中に57戸
当初の大潟村は孤独と不安で一杯だったそうです。
私は三人姉妹の三女。
孤独で不安だった中で、私は3番目に産まれる男の子と 期待されていたようです。
でも、私が女で産まれた事や この家に農家とは無縁の主人が招かれること。
そして、これからも父の遺志を継いでいくことは、私が思い出の赤い三角屋根の家の
中で産声をあげ大潟村の子第一号と言われたその時から決まっていた事のように 思
えるのです。
随分遠回りをしたけれど いま、やっと心のそこから大潟村を好きだと言え その中で誰
からも愛されるお米を作れることに誇りを持っています。
安全なお米 特別栽培米(減農薬・減化学肥料米)
人間って栄養が不足すると肌がカサカサしたり疲れやすかったりするように、お米の旨味やつやを要求するなら、肥料という栄養は必要だと思うのが私の考え。
化学肥料は、一般的に人工合成した化学肥料なので有害と思われていますが、実は違うんです。
大部分の化学肥料は、植物の栄養素であるチッソ、リン酸、カリなど自然に存在する化合物に多少の加工を加えたもので、安全性には問題ありません。
化学肥料で効率よく収量をあげ、有機肥料(米ぬか肥料)を使うことで甘味をだしているのが、我が家流あきたこまちです。
また、大潟村は非常に風が強い所なので稲作にはとても適していて、農薬を使わなくても病気になりにくいという長所があります。 だからこそ出来る減農薬米なのですが、除草剤だけは1回のみ許可されているので、田植え20日後くらいの初期に散布しています。 この除草剤を一度も使用できないのが無農薬米や自然米であり、一般米は除草剤や殺虫剤などの使用制限はないという違いがあります。
我が家の田んぼに殺虫剤を使用していないのは、飛び交うイナゴが証明しています。

詳しくお知りになりたい方は秋田県農業公社のホームページへ
特別栽培米は農林水産省の特別栽培農作物に係る表示ガイドラインに「その農作物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣習的に行なわれている節減対象薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の使用回数が50%以下、で栽培された農作物です。」と定められています。
おいしいお米がもたらす幸せなひととき

さとうこまち(佐藤家のあきたこまち)のお米は、すべて特別栽培米(減農薬・減化学肥料米)です。
なぜ、そのお米を一般米と同じ価格で販売しているのか・・・。

私は安心で美味しいお米が食卓を楽しくし、それがあったかい、幸せな家庭につながると信じてお米作りをしています。
日本中に楽しい食卓を増やしたい!ひとりでも多くの方に喜んでいただきたい。そんな思いを価格にも込めたのです。
一般米と同じ価格で安心と美味しさの両方をお届けいたします。

お客様の声

新米を早速美味しくいただきました。   投稿者: J

新米の味はやはり格別ですねえ、艶も香りも口当たりも最高です。私は『さとうこまち』さんのお米の一番好きな所は”味”なんですよ、お米の味が濃いと思います。噛みしめる程にお米の好い味と香りが楽しめます。野菜も美味しいですね。今日は届いた箱を開けて先ずはキュウリを一本取り出し塩をかけてバリバリかじりました。やはり気合いを入れて作っている米や野菜は”美味しい”ですね。これからも頑張って我々に最高の”日本の味”を届けて下さいね。

おいしいお米ですねえ   投稿者: Y・K

さとうこまちさんのホームページから感じ取った期待通りの美味しさに感激ですよ、野菜も新鮮そのもので美味しくいただきました。
取り敢えずは炊飯器の無洗米用の水加減で炊いてみましたが、ホームページのアドバイスのように、次回は少し水加減を増やしてみようと思います。
この値段でこの美味しさはと本当に感心しています。倍額以上の・・・・いやいや、こう云う例えは野暮ですね。
ただ私は独り者で、また家で食事をする機会も少ないものですから、お願いする頻度は少ないのですが次回も必ずお願いしますよ。(今回は息子夫婦にもプレゼントしました)
これからも頑張って美味しいお米作りに励んで下さい。”さとうこまち”ファンが一人増えました。
ありがとうございました。

新米届きました!    投稿者: mcheka

新米ありがとうございます。 最近は胚芽米を食べてて、久しぶりの白いご飯でした。
胚芽米に慣れてた水加減で少し軟らかめに炊いてしまいましたがピカピカ☆のパールのようでした。今晩は水少なめにします。
飽きない主食ってホント凄いと感じますがこれもひとえに丁寧に思いを込めて作られるからこそ。
ありがとうございます。
お届けの想い 〜お米袋〜
さとうこまち(佐藤家のあきたこまち)では、おいしいお米をお届けするために袋にもこだわり、最も通気性に優れている紙袋を使用しています。
紙袋は取り扱いに手間がかかる事や、価格の面からも、お店や企業など一般にはあまり使われていません。しかし特に夏場などは、お米を保管している保冷庫と外気の温度差により、蒸れが生じ、品質低下の恐れがあります。
小さな直送農家の特徴を生かし、品質保持のために紙袋を利用しています。
ちなみに 紙袋の中心の『あきたこまち』はどんな人が販売しているのか感じてもらえるようにと願いを込めて私が書きました。
さとうこまちはチームマイナス6%に参加しています