秋田市にお住まいのお客様へ
お客様の声
野菜ソムリエの生活応援コラム
お米を美味しく食べていただくために
米づくりカレンダー
秋田県と区別栽培農産物表記
電話注文OK
FAX注文書ダウンロード
                     
定期配送変更フォーム
 0185-45-2615
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日

2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
野菜ソムリエの生活応援コラム

10月 〜カボチャ〜


カボチャ

10月31日は「ハロウィン」
元々はアメリカやヨーロッパで行われる収穫祭ですが、日本でも季節のイベントとして定着し、楽しまれるようになりました。
ハロウィンと言えば、「ジャック・オー・ランタン」が有名。
オレンジのカボチャの中をくり抜き、目や口を作って中にろうそくを入れたチョウチンの事で、悪い霊を追い払うために、家の玄関に飾る習慣があります。これが、「ハロウィン=カボチャ」の由来です。

カボチャは緑黄色野菜の代表的な存在です。
豊富に含まれるβーカロテンには抗酸化作用があり、ビタミンAとして風邪などの感染症を予防する働きもします。「冬至にカボチャを食べると風邪をひかない」と言われているのは、栄養学的なところからきているんですね。
他にも、抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンC、Eも含まれており、相乗効果で血行促進や肌荒れ防止にも効果が期待できます。

美味しさを見分けるには、ヘタの切り口に注目。コルクの様に枯れていたら完熟のサインです。
他にも、ずっしりと重い、胴が張っている、ヘタの周りがくぼんでいる…などが、美味しさを見分けるバロメーターとなります。

今回は、ハロウィンパーティーにピッタリ♪かわいいキッシュのレシピをご紹介します。
このレシピは、レシピ検索サイト「クックパッド」の10月3日「クックパッドニュース」でも取り上げられました。
簡単なので、是非作ってみてください。


まるごとカボチャのハロウィンキッシュ

カボチャ

≪ 材料:1個分 ≫
 ミニカボチャ        1個
 卵             1個
 牛乳            大さじ1
 粉チーズ          大さじ1
 塩コショウ         適量
 ツナ            大さじ1
 ミックスベジタブル     大さじ1
 溶けるチーズ        適量

≪作り方≫
1.カボチャを洗ってラップに包み、電子レンジで3分加熱する。
2.フタの部分をカットして、中の種とワタを取り出す。
3.ボウルに卵、牛乳、粉チーズ、塩コショウを入れて混ぜる。
4.ツナとミックスベジタブルを加えて混ぜ合わせ、カボチャに流し入れる。
5.溶けるチーズをのせて180℃のオーブンで25分焼いたら完成。

 

▼ブログもこちらからお楽しみいただけます!

▼野菜ソムリエの生活応援コラム バックナンバー
・パプリカ
・若竹煮
・ふきのとう
・豆苗
・カブ
・ブロッコリー
・春菊
・サトイモ
・じゃがいも
・モロヘイヤ
・とうもろこし
・食用菊
・ニラ
・スナップエンドウ
・アスパラガス
・菜の花
・水菜
・ねぎ
・キノコ
・カボチャ
・さつまいも
・キュウリ
・ピーマン
・じゅんさい
・新じゃが
・新玉ねぎ
・キャベツ
・白菜
・小松菜
・ほうれんそう
・にんじん
・ナス
・枝豆
・トマト
・ソラマメ
・たけのこ
・山うど
・ひねしょうが
・大根
・カボチャ
・スイカ
・トマト
・オクラ
・にら
・セロリ
・ゴボウ茶