秋田市にお住まいのお客様へ
お客様の声
野菜ソムリエの生活応援コラム
お米を美味しく食べていただくために
米づくりカレンダー
秋田県と区別栽培農産物表記
電話注文OK
FAX注文書ダウンロード
                     
定期配送変更フォーム
 0185-45-2615
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日

2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
野菜ソムリエの生活応援コラム

こんにちは。
今回は、オクラについてのお話です。

オクラ

オクラの原産地は、アフリカ。灼熱の地で生き抜くパワーは、わたし達の夏バテ対策にもパワーを発揮してくれます。ネバネバ成分の正体は、水溶性たんぱく質のムチン、ペクチン。粘膜の保護作用やたんぱく質の消化を助ける作用があり、胃腸が弱りがちな真夏にはありがたい効用です。その他、疲労回復に有効な成分とも言われています。。
そして、ビタミンA、C、Eなどの抗酸化ビタミンや、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。。
オクラを茹でるには、下処理が大切です。このひと手間でおいしさがグンと変わるので、是非手をかけてください。


(1) 軸を切り落とし、ヘタの周囲をぐるりと包丁で剥きます。
(2) 塩をまぶし、指でこすって産毛を取り除きます。
(3) 表面に楊枝で数か所穴を開けます。

オクラ

塩でこすることにより、口当たりが良くなりキレイな色に茹であがります。
そして、数か所穴を開けると、茹でた後に実が縮みません。

オクラの実は、サクっとした歯応え。刻むことでネバネバ感がアップします。
スライスせずにさっくり感、細かく刻んでネバネバ感と、2つの楽しみ方ができますね。

保存についてですが、暑いところで育った為低温に弱く、日持ちのしない野菜です。
すぐに食べない場合は、固めに茹でて冷凍しておくと便利です。
小口切りで冷凍すると、解凍後そのまま食べられます。スライスせず冷凍したものは、炒め物がおススメです。

これから旬を迎えるオクラ。
おいしく食べて、この夏元気に過ごしましょう。